セフレとは都合いいものか?

セフレ、それはセックスフレンドのことです。セックスフレンドが非常に都合いいという人たちがいます。それは本当にそうなのでしょうか。ちょっと検証してみようではありませんか。大体若い子はものぐさなのです。

いえいえものぐさと言えば人間誰でもしたくないてものを積極的にするはずありませんし。セックスも非常に体力いる話しではありませんか。しかしセックスとは気持ちいいものです。体力言って、気持ちいいもの。

そして、マスタベーションとは体力を必要としない気持ちいいものです。しかし、マスタベーションの気持ち良さは、リアルセックスよりも落ちるかもしれません。でも体力要らないなら・・・ということでマスタベーションを選択するれ人たちがいるかもしれませんよね。マスタベーションも充分選択肢です。  いわば、リアルセックスとセックスフレンドもこんな感じで部類分けされていくものなのです。

セックスフレンドって、リアルセックスに近いものと言うよりも、マスタベーションの方に近いものなのです。セックスフレンドは、リアルセックスであってマスタベーションだと主張したいですね。全然大胆な発想でもありませんし。つまり体力がないからリアルセックスではなくてセックスフレンドなのです。体力がないから・・・。この言い方もちょっと面倒くさいからという言い方に置き換えしてみれば非常に判りやすいです。

面倒くさいからセックスフレンドなのです。何が面倒くさいかと言えば、恋人関係のような連続性を非常に面倒くさいと感じている訳です。恋人同士とは、連続性によってお互い確認しあうものではありませんか。

そして、その連続性とは自然に成り立つものでもなくて水でもやって丁寧に育てていかなければならないものなのです。まず、セックスフレンド大好きな若い子は、その行為を嫌っている訳です。セックスフレンド求める人たちはまるで、相手に感情を持たす、セックス出来る都合のいい関係なのです。それってセックスではなくマスタベーションのことを言っているのかもしれないですよね。